入れ歯(義歯)

入れ歯という選択

歯を失ってしまった時の選択肢歯を失った場合の選択肢として、入れ歯・ブリッジ・インプラント治療があります。
ブリッジは比較的簡単に失った歯を補うことは出来ますが、治療時に健康な歯を削る必要があります。
インプラントは天然歯のように噛める機能性に優れた選択肢ですが、外科的手術が必要で、比較的安価ではないというデメリットがあります。

保険適用の入れ歯は、安価でスピーディに失った歯を補うことが出来ます。
保険適用外の入れ歯であれば、快適性・噛み心地・見た目・耐久性などに優れており、質の高い入れ歯を作ることが可能です。
当院では、「噛める入れ歯」にこだわり、しっかり噛めて、お口に違和感のない入れ歯を作製します。
また、入れ歯の作り直しを検討されている方には、お悩みを解決する入れ歯をご提案いたします。

例えば、痛みがある方にはシリコン素材の入れ歯、見た目が気になる方には金属のバネのないノンクラスプデンチャー、食事が楽しめないという方には料理の温度が伝わる金属床をおすすめしています。
入れ歯が初めての方も、ご使用中の入れ歯が合わなくて困っている方も、お気軽にご相談ください。

入れ歯の種類

保険の入れ歯

保険適用の入れ歯の場合は、歯を並べる土台の部分である床(しょう)の素材は、レジンと呼ばれるプラスチックのみになります。保険の入れ歯は、治療費の負担が少ないことがメリットです。

保険の総入れ歯

もっとも一般的な入れ歯で、床の素材はレジンです。
割れやすいので耐久性を持たせるため、どうしても厚くなり違和感が出ます。
また、口の中で温度が伝わりづらく、食事が楽しめないというお悩みがよく聞かれます。

保険の部分入れ歯

金属のバネで引っかけるタイプの入れ歯になります。こちらも床の素材はレジンです。
外から金属のバネが見え、入れ歯であることがわかってしまうことを気にする方が多くいらっしゃいます。

保険外の入れ歯


保険外の入れ歯は、床の素材や装着方法が異なる入れ歯が色々あります。総じて保険外の入れ歯は、保険の入れ歯に比べて薄くフィット感に優れ、しっかり噛めるという特長があります。耐久性も優れています。

保険外の総入れ歯
  • シリコンデンチャー
    入れ歯の歯茎に接する面を特殊なシリコン樹脂で覆った入れ歯です。
    シリコン素材がクッションとなり、従来の入れ歯になかったフィット感を得られます。
    保険適用の入れ歯が痛むという方におすすめです。

  • 金属床
    床に金属を使用した入れ歯です。
    薄く仕上がるのに強度があるため破損しにくく、装着時の違和感が少ないのが特長です。
    また、お料理の温度が伝わりやすいため食事が美味しくいただけます。

  • オーバーデンチャー
    残っている歯を支えにして装着する総入れ歯です。
    しっかりと固定されるため、ガタつきが少なく、よく噛めますが、お口や残っている歯の状態によっては適応できないケースがあります。

  • インプラントオーバーデンチャー
    インプラントを支えにして装着する総入れ歯です。
    歯根が安定しているため、よく噛めます。
    また、数本のインプラントで多くの歯を支えることができるので、すべての歯を1本ずつインプラントで補うより経済的です。

  • ABEデンチャー
    噛み切りにくいものも食べられるなど咀嚼機能の回復だけでなく、歯があった時の状態に近い顔立ちまで回復できる、優れた噛み合わせと見た目の双方を得られる高機能な入れ歯です。

保険外の部分入れ歯
  • ノンクラスプデンチャー
    金属のクラスプのない入れ歯です。レジン素材よりフィット感がよい上に、金属が見えないため審美的にも優れています。
    とても柔らかく、大きく曲げても割れることがありません。
    金属アレルギーの方も安心してご使用いただけます。

※その他、薄さを追求し、ノンクラスプと金属を併用した部分入れ歯などもご提供しています。

治療の流れ

1ファーストコンサルティング

問診表をもとに、コンサルティングを行います。
総合治療の観点から、お口全体の状態を把握するため、入れ歯をご希望の方にも、むし歯や歯周病の検査、レントゲン撮影や口腔内写真の撮影などを行います。

2セカンドコンサルティング

ファーストコンサルティングの検査結果をもとに、治療計画書をご提示します。
患者さまのご要望を伺いながら、入れ歯の種類や特徴についてご説明させて頂き、製作する入れ歯を決定いたします。

3精密検査・型取り

治療方針に基づき、必要な精密検査を行い、トレーでお口の中の型取りをします。

4個人トレー作製・型取り

既製トレーによる仮の模型で患者さま一人ひとりに合わせた個人トレーを作製し、精密な型取りを行います。

5噛み合わせの決定

歯を並べる仮の土台「咬合床」をロウで作り、口の中に入れて噛み合わせの高さや上下顎の前後左右の位置を決めます。
その後、顎の動きを再現する「咬合器」に咬合床を取り付け、人工歯を並べる「仮並べ」を行います。

6試し入れ

仮並べの入れ歯を口の中に入れ、歯の並び具合や噛み合わせ等をチェックします。

7入れ歯完成・装着

ロウでできた仮の土台をプラスチック(レジン)に置き換えて、入れ歯は完成です。
完成した入れ歯を装着し、フィッティング状態を確認し、調整期間に入ります。

8調整

しばらく入れ歯を使っていただき、痛みや違和感、不具合があった場合は、医師が調整します。

※保険の総入れ歯の場合の流れとなります。作成する入れ歯によって異なる場合があります。

料金とお支払い方法

金属床 310,000円~(税別)
ノンクラスプデンチャー 98,000円~(税別)
オーバーデンチャー ※歯の本数により異なります。
インプラントオーバーデンチャー ※歯の本数により異なります。

※カード・現金・医療用ローンがお使いいただけます。

 

一番上に戻る
電話から予約・問い合わせ WEB予約 メールから予約・問い合わせ
診療時間
9:30~12:30
14:00~19:00

★水,土曜午前:9:30~13:30
休診日:水,土曜午後・日曜・祝日

住所 〒143-0023 〒861-4137
熊本県熊本市南区野口3-19-8
アクセス JR西熊本駅より車で4分
駐車場8台完備

ご予約・お問い合わせ
<完全予約制>

096-288-1288

  • こちらからご予約いただけます WEB予約こちらからご予約いただけます WEB予約
  • お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
  • ブログ
  • facebook