歯周病治療

やまだ歯科・こども歯科の歯周病に対する考え

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患で、日本では30代以上の成人の約8割がかかっているといわれています。初期段階ではほとんど自覚症状がありませんが、「歯茎が腫れている」「歯を磨くと血が出る」「歯がぐらつく」、このような症状があれば、歯周病がかなり進んでいるかもしれません。

歯周病の原因は、口腔内の不衛生です。歯と歯茎の隙間である歯周ポケットの清掃が行き届かないと、そこに細菌がとどまって歯垢が蓄積し、歯肉のふちに炎症が起こります。これが「歯肉炎」です。歯肉炎が進行すると、「歯周病」を発症します。歯周ポケットがさらに深くなり、やがて歯を支える顎の骨が溶けて歯が動くようになり、最悪の場合、歯を失うことになります。

歯肉炎の段階で発見し、適切な治療を受ければ治すことができますが、一度、歯周病を発症してしまうと、治療しても元に戻ることはなく、現状維持を目指すのみとなります。つまり、歯周病はいかに早く発見し、進行を止めるかが重要なのです。

そのため当院では、初回のご相談に来ていただいた方全員に歯周病のチェックを行い、必要な方には、少しでも早い段階での治療をおすすめしています。

歯周病治療の流れと内容

1ファーストコンサルティング

問診表をもとにコンサルティングを行います。
総合治療の観点から、歯周病検査のほか、お口全体を診察し、レントゲン撮影や口腔内写真の撮影も行います。

2セカンドコンサルティング

2セカンドコンサルティング(2度目の来院)ファーストコンサルティングの検査結果をもとに、治療計画書をご提示します。
院長から説明を受け、費用を含めご納得いただいた上で、治療方針を決定します。

3歯周組織検査2回目

5定期検診再検査を行い、1回目の検査と数値を比較します。
改善している場合は、その状態を維持するためのアドバイスを行います。
改善していない場合は、歯茎の中の深い部分の歯石を取る、または、歯茎の切開を行うなどの治療を行い、次回の予約を取ります。

4歯周組織検査3回目

2回目の検査と同様、検査を行い、前回と検査結果を比較し、必要な治療を施します。
改善が見られるまで、この「検査と治療」の工程を繰り返します。

このように、保険適用の歯周病治療は検査と治療を繰り返し、長い期間がかかるのが特徴です。
本来、歯周病治療は短期間で行うほうが効果的です。少しでも早く治療を終えたいという患者さまのニーズもあるため、当院では、検査と歯石取りなどの治療をできる限りまとめて行うメニューも保険外にてご提供しています。

骨の再生治療

骨の再生歯周病は一度発症してしまうと元に戻ることはありませんが、歯周病によって失われた歯周組織を再生する治療はいくつかあります。

代表的なものが、「エムドゲイン」です。
こどもの歯が生える働きをサポートするといわれるたんぱく質成分を歯根に注入し、骨の再生を促す再生療法です。局部麻酔をかけ、治療する部分の歯肉を切開し、歯根の表面を徹底的に清掃してエムドゲインゲルを塗布します。最後に切開した歯肉部分を縫合し、手術は終了です。
エムドゲインは、保険外治療となります。

当院では、世界初といわれている歯周組織再生医薬品「リグロス」を使用した治療も行っています。
リグロスは、歯周病で破壊された骨の欠損部に塗布することで、歯を支えている骨の再生を促す再生療法です。リグロスは保険適用ということもあり、歯周組織を再生する新たな選択肢として注目を集めています。

 

一番上に戻る
電話から予約・問い合わせ WEB予約 メールから予約・問い合わせ
診療時間
9:30~12:30
14:00~19:00

★水,土曜午前:9:30~13:30
休診日:水,土曜午後・日曜・祝日

住所 〒143-0023 〒861-4137
熊本県熊本市南区野口3-19-8
アクセス JR西熊本駅より車で4分
駐車場8台完備

ご予約・お問い合わせ
<完全予約制>

096-288-1288

  • こちらからご予約いただけます WEB予約こちらからご予約いただけます WEB予約
  • お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら
  • ブログ
  • facebook